溶接技能者評価試験を申し込まれる前に、ご自身の現在の状況をご確認ください。
試験申込書をお持ちでない方は当協会または各地区溶接関係工業会へご連絡ください。

 

ご自身の状況 これから必要な順序
初めて受験される方 新規受験となります。
試験概要(外部リンク)をよくお読みになり、お申し込みください。
3年に1度の
実技更新をされる方
証明書の有効期限が8か月から2か月前までに限り、再評価受験となります。
申込書を送付の際、適格性証明書のカラーコピーの添付が必須ですので一緒にお送りください。
 ※実物添付、モノクロコピーはご遠慮下さい。
溶接法が同じで、
異なる姿勢や厚さで
受験される方
証明書の実物がありましたら新規受験(学科免除)となります。
申込書を送付の際、適格性証明書のカラーコピーの添付が必須ですので一緒にお送りください。
 ※実物添付、モノクロコピーはご遠慮下さい。
適格性証明書の
有効期限が切れた方
証明書の実物がありましたら新規受験(学科免除)となります。
申込書を送付の際、適格性証明書のカラーコピーの添付が必須ですので一緒にお送りください。
 ※実物添付、モノクロコピーはご遠慮下さい。
学科合格証明書を
お持ちの方
証明書の有効期限内に限り、新規受験(学科免除)となります。
申込書を送付の際、学科合格証明書のカラーコピーの添付が必須ですので一緒にお送りください。
 ※実物添付、モノクロコピーはご遠慮下さい。
前回実技試験に合格、
学科が不合格の方
1回に限り学科追試を行うことができます。
合否結果後、45日以内に当協会へ連絡をして、次回の試験申し込みをしてください。
※試験日は45日以降で構いません。