溶接技能向上のための講習会

修得度確認試験が80点以上あれば、JIS評価試験の学科が3年間免除となります。

 

「溶接技能向上のための講習会」の特徴

1.講習会のレベル
JIS評価試験の新規受験者を対象としたレベルとなっています。

2.受講対象者
初めて溶接の資格取得を目指す方。 溶接の基本を再度学び確認したい方。

3.講習会コース
①実技・学科(2日間)コース (1日目実技、2日目学科)
②学科(6時間)コース
③実技(6時間)コース
 ※ 実技では、溶接機1台を1名で使用します。

4.学科の受講者には学科講習終了後、修得度確認試験を行います。
*講義と修得度確認試験は、日本語で実施致します。
*試験問題の漢字には全てルビを振っております。

5.修得度確認試験が80点以上あれば、JIS評価試験の学科が免除となります。(追試受験者にも適応)
修了証に対応する学科試験免除の範囲は次の通りです。
・学科講習修了証:JIS Z 3841による半自動溶接技能者資格の内のマグ溶接種別、組合せ溶接セルフシールドアーク溶接種別及び     JIS Z 3801による手溶接技能者資格の内の被覆アーク溶接種別、ティグ溶接、組合せ溶接です。

免除の期間
・学科試験の免除期間は確認試験の合格日から3年間

6.講習内容
★学科 本コース専用に新規作成の約70頁のテキストを使用。
 テキスト(非売品)・・・学科受講者には、事前に配布します。
★実技:SN-1F SA-2F、A-2F 、TN-F

7.受講料金

※アーク・半自動(消費税込)

 ① 実技・学科(2日間)コース  ¥42,900-  テキスト代、確認試験代含む

② 学科(6時間)コース       ¥14,300- テキスト代、確認試験代含む

③ 実技(6時間)コース     ¥28,600-

※ステンレス(消費税込)

 ① 実技・学科(2日間)コース  ¥55,000-  テキスト代、確認試験代含む

② 学科(6時間)コース       ¥16,500- テキスト代、確認試験代含む

 

③ 実技(6時間)コース     ¥38,500-

 

8.雇用保険適用事業者は、人材開発支援助成金(学科実技2日間コースが対象)の受給が受けられた場合があります。
(申請問合せ先:宮崎県労働局TEL0985-25-1853)

 


日程・申込み

「溶接技能向上のための講習会」の開催については、決定次第ご案内を致します。


3年目になりました!溶接技能向上のための講習会


宮崎県溶接協会では2018年度より西日本で初となる本講習会を継続して実施しております。

今年度は418日(土)・19日(日)に半自動溶接(学科・実技)を実施

    5月9日(土)にアーク溶接(学科のみ)を実施

 

半自動溶接では学科+実技 6人  学科のみ 11人  

実技のみ  4人 ※実技種目内容SN-1F 2人・SA-2F 8

学科講習の内訳 日本人15人 中国人2人 受講者全員が合格‼

 

【受講者の声】

 学科のみのほとんどの方は:説明がとても分かりやすかった

 学科+実技の方は:会社の先輩が簡単に溶接をしている姿を見てきたが、ビード引き・電圧・電流の合わせ方など難しい。

          先輩方を尊敬します。

           多くの知識を得ることが出来た。

           会社からの応募できたが参加してよかった。